Top page » News » 2015年08月

NEWS 2015年8月27日

Gary McLeod solo Exhibition

リフォトグラフィー展示会:ギャリー・マクラウド ╳ 人々
A rephotography exhibition by Gary McLeod ╳ Others

瑞聖寺「Zuishoji Art Projects」
2015年8月28/29/30日(金/土/日)
2015年9月4/5/6日(金/土/日)
12:00〜18:00

Venue: Zuishoji Art Projects
2015 Aug. 28/29/30 (Fri/Sat/Sun)
2015 Sept. 4/5/6 (Fri/Sat/Sun)
12:00–18:00

リフォトグラフィーは写真の世界ではポピュラーなジャンルだ。昔の写真に写さ れた場所を訪ね、同じ場所で新たに撮影をし、それらの写真を比較する こと、 それがリフォトグラフィーである。ギャリー マクラウドは九年間、チャレン ジャー号の遠征中(1872-1876)に各国各地で撮られた写真について研究し、実際 にその地の人々にリフォトグラフィー に参加してもらう事で、現地を探索する 機会をつくり出してきた。そうする事でチャレンジャー号の残した写真の意義 が、単に外国の地を写したビクト リア時代の一つの資料ではなく、交流や対 話、経験から成る集合体としてのグローバルなものに変化した。Zuishoji Art Projectsでの展示会はこの変化を反映させたもので、チャレンジャー号が遠征中 の1875年に日本で撮影したものに加え、ギャリー マクラウドが2006年・2007年 に初めてそのリフォトグラフィーを行った写真と、2014年・2015年に日本の人々 との共同作業で撮影した写真を展 示している。それらの写真を実際に手に取 り、間近で見比べ、思いを共感できる展示内容となっている。

協力:Zuishoji Art Projects、University of the Arts London

主催者:Gary McLeod (ギャリー マクラウド・1979年イギリス生まれ)
アー ティストであり研究者。見知らぬ物事や人から学び、協働するための手段として 写真を研究している。これまで 国際的に多数の学会や展示会で、リフォトグラ フィー、共同撮影写真、実践ベースの調査に関した研究に基づく作製を発表して きた。また、トルコ、イ ンド、イギリス、日本、台湾、ポルトガル、ニュー ジーランドにて写真とヴィジュアルコミュニケーションの分野を教えた経験を持 つ。現在、 University of the Arts LondonのPhD過程の一環として東京藝術大 学の先端芸術表現科に所属し、collaborative rephotographyに関するプロジェ クトを実行している。

Rephotography is a popular genre of photography where people visit locations in old photographs and compare them with new photos of the same place. For nine years, Gary McLeod has been researching photographs taken during the Challenger expedition (a global scientific voyage between 1872 and 1876), and has been using rephotography as a platform to increasingly engage local communities in the visual exploration of their environments. In so doing, the significance of the Challenger expedition’s images has shifted from singular Victorian documents of foreign lands to collective global documents of interaction, dialogue and experience. The exhibition at Zuishoji Art Projects echoes this shift through presenting the expedition’s photographs of Japan made in 1875 along with McLeod’s first rephotographs made in 2006/2007, and collaborative rephotographs made with local inhabitants in 2014 and 2015. Visitors are welcome to pick up the photographs/rephotographs, examine them more closely, and share their thoughts.

Supported by Zuishoji Art Projects and University of the Arts London

About the organizer: Gary McLeod (b.1979, UK) is a visual artist and academic exploring photography as a means of visually engaging with and learning from the unfamiliar. With a research focus on rephotography, collaborative photography, and practice-led research, he has presented his work internationally at numerous conferences and exhibitions, and has taught photography and visual communication in Turkey, India, UK, Japan, Taiwan, Portugal and New Zealand. Currently he is based in the department of Intermedia Art at Tokyo University of the Arts where he is conducting a collaborative rephotography project as part of a PhD at University of the Arts London.Gary McLeod_web Gary McLeod_web2 me dec 2014 then-then-again-now-1500px